母を笑顔にする服

ラベンダー Lavender
ピンクベージュ Pinkbeige
レッド Red

モデル:滝野文恵さん(89歳)日本最高齢の現役チアガール

Other

BRAND VISION私たちの想い

女性にとって「装う」ことは
心の栄養になります。

たとえ90歳、100歳と年を重ねても、それは変わりません。
口紅1本で生き生きとしてくるのです。

新しい素敵な服に身を包めば、
ぱっと顔が華やいで人前に出るのが楽しみになり、
「おしゃれね」「素敵ね」とほめられれば嬉しくて、
また出かけようと元気になる。
そんな姿を見ると、家族も嬉しくなる。

おしゃれは自信を蘇らせ、
コミュニケーションの機会を生み出して
周囲とつながっていくための大切なツールです。

家族を、暮らしを支え年齢を刻んできた女性が、
晴れやかに社会と関わりながら尊厳を持って暮らす──
そのきっかけとなるのが服であり、
Over80女性にこそ服が持つ力が必要だと
FUKUFUKU-YAは考えます。

深津チヅ子

FUKUFUKU-YA代表 深津チヅ子

背景

商品について

FUKUFUKU-YAは
Over80女性の必需品「羽織もの」を提案。
こだわったのは、
ラクな着心地×1枚で決まるデザイン性。
ご要望に耳を傾け、ていねいに仕立てました。

つやのふく

TSUYANO FUKU
ラベンダー ピンクベージュ ミント キャメル エンジ レッド
  • Lavenderラベンダー
  • Pinkbeigeピンクベージュ
  • Mintミント
  • Camelキャメル
  • Dark redエンジ
  • Redレッド
ポイント1

心華やぐ色合い

明るく、華やかで、穏やかなカラーをご用意。グレイヘアに馴染んで顔映りがよく、生き生きとした印象をもたらしてくれます。

ポイント2

背中に自信あり!
丸みをカバーする
特別仕立て

背中や腹部の丸みを目立たなくするために、ひと手間かけて立体裁断でふくらみを持たせました。全体のシルエットは後ろ長めのふんわりAライン。気になるからだの線を拾いません。

シルエット
パーツ
ポイント3

快適な機能性

ゆったりアームホールでストレスのないラクな着心地。ポケットとボタンは大きめにしました。

ポイント4

美しく「乙女」なデザイン

着心地と同時にデザインにもこだわりました。例えば、襟元。控えめに立ち上げたボトルネックは女性らしさを引き立て、首まわりを温かく守ります。

首元
生地
ポイント5

こだわりの生地

軽くて、まるで自然素材のような質感の生地を使用。ストレッチ性を備えてシワになりにくく、家庭用洗濯機で洗えることを第一に考えました。

ポイント6

安心の日本製

ていねいな作りの日本製。書き込み用のネームタグもお付けしました。

開発エピソード

こういうのが欲しかったの───そんな言葉が聞きたくて、商品完成まで何度もサンプル制作を重ねました。ケアラーの方々からのお声をもとにサンプルを作り、試着会へ。着心地を確かめて細部を見直し、またサンプル作り、試着会・・・・・・。手を抜くことなくブラッシュアップを繰り返し、最初の「理想の一着」が仕上がっていきました。

製図

体型の変化に合わせながらも常に美しく、着やすい服であることを目指して。

制作

試着会では一気に「女子」の顔に。どの方もおしゃれにはこだわりがありました。

商品ページへ 商品ページへ

つやのふく・かろやか

TSUYANO FUKU KAROYAKA
かろやか

肌寒さを感じる季節、何か1枚羽織りたい・・・そんな時に、さっと気軽に羽織れるベストを作りました。軽くて薄いので使い勝手がよく、顔周りをすっきり見せてくれるエレガントなVネックがとってもおしゃれに仕上がっています。

  • 全4色
      (モスピンク、テラコッタ、ベージュ、グレイ)
  • 品のいいVネック
  • 「 ゆったり 」 なのに 「 すっきり 」 シルエット
  • わずか210gの軽さ
New

ご希望の方に生地サンプルをお送りいたします。「お問い合わせ」にある「お問い合わせ内容」欄に「サンプル生地希望」と明記のうえ、①お届け先ご住所 ②お名前 ③サンプル生地をご希望の商品名(「つやのふく」6色/「つやのふく・かろやか」4色)をお知らせください。

お知らせ

ブランドストーリー

“まあまあの服” では88歳の母の心には届かない

高齢者住宅に暮らす当時88歳の母の洋服探しに困り果てたのが、そもそもの始まりでした。

一般に、85歳前後から女性のからだは大きく変化し、背中が丸くなったり胸元が薄くなるなどで、それまでの洋服がからだに合わなくなってきます。また、ボタンがかけづらい、腕が十分に上がらないなど、当たり前にできていた所作が難しくなります。
母も例外ではありませんでした。

高齢者住宅入居後も、リビングスペースなど人目のある場所に出ていく際には少し身だしなみを整えたいという気持ちを持ち続けた母は、手もとにある着づらくなった服に代わる新しい服を望みました。
外出がままならない母の代わりに、服を探し歩いたのが娘の私でした。

デパート、商店街、通販サイト、量販店……。なかなか思うような品は見つかりませんでした。どうにか”まあまあの服”を探して届けると、娘の私の手前、母は「ありがとう」と笑顔で受け取りはするのですが、後に施設のスタッフから、こんな話を聞かされたのです。

「お母さまは届けられた服を着ることなく、分からないようにハサミで小さく切ってしまい、新聞紙に包んでそっと捨てていらっしゃいますよ」

ショックでした。
気に入ってもらえるかしらと服を届けた私も、わくわく心待ちにしていた母も、それぞれが期待外れの結果に言葉を飲み込んだまま切ない想いをする───
そんなことを繰り返していたのです。
周囲に聞くと、母親の洋服を用意する立場の50〜60代女性の多くが同じような悩みを抱えていました。
中には介護疲れのせいか、「高齢で外出機会の少ない母には、もう新しい服は必要ないの」と言い切る方もいました。

雑貨

高齢母の中の“乙女ゴコロ”

日常の中に楽しみを見つけることが激減してしまった母から、装う楽しみまで奪ってしまうのは娘として本当につらいことです。
「素敵な服ね」とこぼれる笑顔が見たい……。

悩ましい気持ちを抱える時間の中、見えてきたのが高齢女性の内に大切に仕舞われている”乙女ゴコロ”でした。
ピンクが好き、小花柄が好き、キラキラが好き、かわいいものが好き……。
「乙女なのよ」
高齢母を持つ友人たちはそう話しました。

スクラップ帳

母のスクラップ帳。白いワンピースの少女の写真には「何もかも あこがれ」の文字が。

ブランドを立ち上げよう!

羽織りもの

私に何ができるか……見えた気がしました。
80代、90代女性が本来持っているロマンティックな気持ちに向き合い、細やかなディティールにこだわって仕立てた着心地のいい服なら、きっと喜んでもらえるはず。
私のように高齢母の洋服探しでやり切れない想いをする人をなくしたい、もっと母とおしゃれについておしゃべりをする時間を過ごせたら。
そして、お気に入りの一枚で身だしなみを整え、張りのある暮らしを続けてほしい。

高齢母たちに贈るブランドを立ち上げよう! 
心は決まりました。

そして、共感してくれるたくさんの方たちの力を借りながら、「FUKUFUKU-YA」の「羽織もの」は誕生しました。

メンバーシップサービスについて

ご登録いただくと、Over80女性とそのご家族のために、美容、おしゃれ、暮らしの知恵などを専門家から学ぶ特別イベント、お茶会などにご招待させていただきます。ご購入者はもちろん、どなたでもご登録いただけます。楽しく、ゆるくつながっていきませんか。

ご登録はこちらから。

FUKUFUKU-YA

お問い合わせ

商品、ショップに関するお問い合わせは、下記フォームよりお気軽におたずねください。

    FAXでお問い合わせの場合は、お名前、返信先FAX番号をご記入のうえ、FAX:050-6875-4570 FUKUFUKU-YA 宛 までお送りください。